リースバックは保証会社の利用は必要か?審査はあるのか?

こんにちは!
住宅ローン問題解決コンサルタントの遠藤です!

リースバックを検討している方で、賃貸借契約時に保証会社は必須なのか?連帯保証人は必要か?既に住宅ローンを滞納している場合、賃貸保証会社の審査は通りますか?と聞かれます。確かに、心配ですよね。リースバックでは自宅を売却して、賃貸契約をリースバック会社と結ぶ際に、家賃保証会社と契約する事が条件となります。結論から言えば、リースバック会社との交渉次第です。当社でも、過去破産宣告を受けた方が審査を通った事例もありますし、住宅ローンを滞納して既に自宅が差し押さえられている方も審査が通った事例もあります。この審査が通る通らないは、まさしく仲介する不動産会社次第になると思います。

下記にてリースバックの詳しい概要を記していますので、参考にしてください。
リースバックとは

家賃保証とは何かを解説

万が一、借主が家賃を滞納した際に、保証会社が借主(元所有者)に代わって、貸主(リースバック会社)に家賃を払う仕組みです。

家賃保証会社への費用は幾らか?

一般的には、家賃の0.5~1ヶ月分が相場であり、賃貸借契約時に支払います。その後、年一回、1万円前後が、家賃とは別に掛かります。この家賃保証会社は、リースバック会社が業務提携している家賃保証会社になり、各社最低でも2社と業務提携しています。

住宅ローン滞納中でも、賃貸保証会社の審査は大丈夫?

結論を言えば、反社会的勢力の方は無理です。しかし、住宅ローンや携帯電話の支払い遅延等は保証会社によって審査基準は異なりますが、余程の状況でなければ審査は通る可能性は高いです。しかし、あくまで一般論であることはご承知ください。弊社もこれまで、住宅ローン滞納者等の相談にのってきましたが、保証審査で落ちた方はいませんが、一度事前にご相談頂ければと思います。

借主のメリットとは?

連帯保証人が不要となります。従って、リースバックの場合、家族以外に知られたくない方が多い為、他の親族等に保証人を頼まなくても良いことになります。又、万が一家賃が滞ってしまっても、保証人に迷惑を掛ける事はないので、その点でも安心できます。むしろ、現在では連帯保証人を要望される事はほぼ無い傾向にあります。

リースバック時の保証会社のまとめ

以上の事から、住宅ローンを滞納している方で、リースバックを検討されている方は先ず当社にご相談ください。言い換えれば、当社では各リースバック会社と何度も契約を行っているので、多少不利な状況でも各リースバック会社に交渉します。又、当社の役割もそこにあると思っていますので、困っているのであれば是非ご相談してください。

以上最後まで読んで頂き有難う御座いました。
リースバック検討してるけど、私、審査通るかしら?って思われた方は下記から遠慮なくお気軽にご相談ください。

電話で話して聞いた方が早いなと思った方はこちらから
こちらをタップしたら電話(0120-996-672)が架かります

LINEで気軽にやりとりが良い方はこちらから
友だち追加

メールでのやりとりをご希望の方は下記からお願いします。

PAGE TOP
MENU
今すぐ相談

TEL:0120-996-672

営業時間 9:00 - 19:00/休業日 水・日